いんちょーブログ

山口県宇部市にある医療法人光翔会石川歯科医院院長のブログです。予防歯科、
歯周病治療、審美歯科、成人矯正、小児矯正(ビムラー矯正)、
アンチエイジング歯科、無痛治療

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.31 Monday

同窓会

0
    昨日は宇部短期大学附属中学校時代の友人が20人ほど集まってプチ同窓会をしました。

    場所は中央町にある「メリメロ」さんです。



    中学卒業以来会ってない人もいれば、宇部高校卒業以来会ってない人も。幸いにも「あれ誰?」って程変わり果ててる人もいなくて皆一目見てわかりました。一学年80人で2クラスしかいないうえに毎年ちゃんとクラス替えするので同じクラスになった事がない人っていうのがほんのひと握りしかおらずほぼ全員面識があるため同窓会もとても盛り上がりました。

    来年さらに大規模な同窓会をやろう、という話にはなったので楽しみです(* ´∀`)ノ"

    2018.12.14 Friday

    ボヘミアン・ラプソディ

    0

      先日副院長と「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行ってきました。お互いが見たい映画が一致するのはとてもレアなケースです。



      クイーンは自分が中学生の時に全盛期だったと思うのですが、色々難解な曲が多かったのでまったく食いつかずにスルーしレインボーばっかり聴いてました。そんな自分でもクイーンのメンバー全員の顔と名前はちゃんとこの三十年あまり記憶しているぐらいクイーンはメジャーなバンドではあったのですが、「クイーンと言えばこのサウンド」みたいな明確なイメージがつかみにくく思い返してみるに代表曲である「ボヘミアン・ラプソディ」からして途中でオペラが入る謎展開。「We Are the Champions」とか「We Will Rock You」みたいなカッコいい曲とか「Don't Stop Me Now」やら「Radio Ga Ga」みたいなポップな曲、「Another One Bites the Dust」みたいなディスコサウンドもあれば、「Bicycle Race」という僕からすると究極的に変な歌もあるからなのだと思います。まあ、それがクイーンの魅力なんだと思いますが中学生にはちょっと荷が重かったんだと思います。

      で、映画を一通り見て一番印象に残ったことは

      「ブライアン・メイの人がブライアン・メイにしか見えない」

      最初から最後までブライアンが出る度にあまりの激似ぶりに感動してしまいます。よくこんなの連れてきたな〜と。(ジョン・ディーコンの人も後半チリチリ頭になってからそっくりになってきますが)

      肝心の映画のハイライトであるライブエイドの場面は圧巻の一言につきます。ピアノの上に置いてあるペプシやビールのコップまでよく再現されてますしフレディ役のラミ・マレックのパフォーマンスもそっくりです。クイーンの実際のライブエイドでの動画がYouTubeにアップされているのでこれこら観に行かれる方はそれを見て予習されてもいいかもしれません。

      映画のエンドロールで最後の曲が「The Show Must Go On」というのも感涙もので、エイズによりフレディの体調が悪化する中レコーディングされ最後の力を振り絞り「ショーを止めてはならない」と絶唱するフレディの声は凄まじい気迫を感じさせます。この曲が最後を飾るのも納得です。

      クイーンを知らない方でも楽しめるいい映画だと思います。


      2018.10.10 Wednesday

      柳澤医新塾

      0
        副院長が昨年から1年かけて通っていた柳澤塾をやっと修了しました。そして新たに「柳澤医新塾」と新しい名前になりホームページも出来上がっています。



        柳澤医新塾は柳澤厚生先生が創設された私塾で、「ニューエイジメディスン」をスローガンに日本の医療界に新しい風を吹かせるリーダーを輩出することを目的に設立されました。



        この1年間、医療哲学、社会学、コミュニケーション学、リーダーシップ論などを学んだ副院長が医新塾の栄えある第一期生としてその名に恥じぬ大活躍をしてくれる事を期待しています。

        2018.10.05 Friday

        おめでとうございます

        0
          本庶佑先生、ノーベル医学生理学賞授賞おめでとうございます。

          本庶って名前どこかで聞いたことあるな〜、どこで聞いたんやろ?と思っていたのですが水曜日のめざましテレビを見てて思い出しました。



          本庶佑先生、宇部高校のOBでした。大先輩ですね。



          だいぶ前にウィキペディアで宇部高校を調べた時にOBの欄に本庶という名前があったのを思い出しました。



          それにしても宇部高校、田舎の一公立高校なのにすごいビッグネームが揃ってますね。

          2018.09.02 Sunday

          奈菜さんおめでとう (o^∀^)

          0
            産休中の歯科衛生士・奈菜さんが無事に男の子を出産したということで先週赤ちゃんの顔を見に行ってきました。



            可愛い (o^∀^)
            髪ふさふさ (o^∀^)

            スヤスヤと良く寝てました。

            2018.07.27 Friday

            ハローキティ新幹線

            0
              博多駅で見かけた「ハローキティ新幹線」。



              シャープな500系のデザインとピンク色が意外にもマッチしていてカッコ良かったです。




              2018.07.23 Monday

              1789 -バスティーユの恋人たち-

              0
                先々週の土曜日は家族で博多座にてミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」を観てきました。主演は三役ともダブルキャストでロナン役が小池徹平(以下全て敬称略です)と加藤和樹、オランプ役が神田沙也加と夢咲ねね、マリー・アントワネット役が凰稀かなめと龍真咲です。本当は7日の加藤和樹と神田沙也加の回に行く予定で予約していたのですが、7日は大雨による災害で新幹線も高速道路も全てダメだったので博多には行けませんでした。幸いにも博多座に電話すると行けない理由が大規模な自然災害と言う事で他の日に振り替えてもらえたのですが、こちらのスケジュール的に14日しか無理だったので小池徹平と夢咲ねねの主演の回になりました。





                なぜ加藤和樹と神田沙也加で観たかったかというと息子が3時間もの間少しでも飽きないようにするためで、加藤和樹は「仮面ライダーカブト」で仮面ライダードレイク役をしていたのと、神田沙也加は「アナと雪の女王」でアナ役をしていたので息子もよく知っているからなのですが、小池徹平&夢咲ねねの組み合わせでも息子は全く飽きることなく一生懸命観てました(半年程前に副院長と二人で堂本光一主演の「Endless SHOCK」を観に行って以来ミュージカルにハマっているみたいです)。



                14日はフランス革命記念日だそうで、この日のカーテンコールは観客全員にトリコロールカラーのサイリウムを持たせて記念撮影したり、カーテンコールも回数が多かったりと特別な日だったみたいです。

                2018.07.15 Sunday

                羽田空港探索

                0
                  先週の日曜日は日帰りで東京でお仕事でした。



                  昼御飯は銀座ライオンで。日曜日の昼時は東京駅内のレストランやカフェはかなり混雑しているのですが、東京駅隣の鉄鋼ビルディング地下のレストラン街は空いているので助かります。



                  タリーズも空いてます。ほかにも小籠包で有名な台湾の鼎泰豊もあったりして、ここって意外と穴場なのではないかといつも思います。



                  例によってまた時間が余ったので羽田空港国際線ターミナルへ。



                  ここでもまたタリーズ。こんなとこにタリーズがあるのは知りませんでした。

                  2018.06.16 Saturday

                  浦沢直樹展

                  0
                    先日の日曜日は山口県立美術館の浦沢直樹展に行ってきました。







                    副院長は「MASTER キートン」が大好き、僕が「パイナップル ARMY」と「PLUTO」が好きなのです。



                    YAWARA!は昔ビッグコミックスピリッツ全盛期によく読んでました。



                    釈然としない結末で難解過ぎな20世紀少年。

                    浦沢直樹は天才だと思います

                    2018.05.30 Wednesday

                    テスラ

                    0

                      先日のアンチエイジング歯科学会ですが、副院長と企業展示を見て回っていると「石川先生〜」と呼ぶ声が。声のする方を見てみるとなんと先月当院の写真を撮ってくれたプロカメラマンのOさんがいらっしゃいました。お話を聞いたところ某美容系企業の社員さんでもあるそうで、今回は営業として来てるとのことでした。なんやかんやとお話をさせていただいて、「じゃあまた」と別れて奥へ進むと一番奥に大きい車が展示してあるのが見えたので「訪問診療用の車?」と思いつつ近寄ってみると、



                      かの有名なアメリカの電気自動車テスラでした。そして何よりもこのモデルX、後ろのドアが男の子の永遠の憧れガルウィングではないですか!(テスラではファルコンウィングというらしいですが)  「見て見て!ガルウィングじゃ、ガルウィング!」と話しかけてるのに副院長はガン無視してそのまま次の企業ブースに行ってしまわれたので一人でテスラのお姉さんに言われるがままにドライバーズシートに座ってあれやこれやと説明を受けました。色んなものが未来感ハンパないです豚 しかし、前席に座って満足していてはいけない、ガルウィングの後席に乗らねば、とお姉さんにその旨申し伝えて後ろの席に移動した時に何故かOさんが登場。



                      ↑おっさん二人が学会場の片隅ではしゃいでるの図。

                      コミュ力が異常に高いOさんとお姉さんたちとの会話に巻き込まれテスラコーナーにいる時間がさらに延びてしまい、副院長はもはやどこにも見当たらずこのままここでまだ遊んでると怒られるんじゃないかと焦りつつも退散際にお値段を聞いたところ、一番安いので1000万ぐらい、一番高いので1700万ぐらいだそうでびっくり  そもそも一番近いテスラのディーラーが大阪じゃ買えないね〜、山口にディーラーできたらまた考えます〜、と適当にお茶を濁しつつしっぽ巻いて逃げてきましたが1000万か〜、余裕で無理ですね楽しい


                      ▲top